TOEIC おすすめ教材 勉強法

TOEICの勉強に大活躍!驚きのツールを紹介

更新日:

 

この記事の続きです。

TOEIC模試2回目で3回チャレンジ法の凄さを知った話

 

こちらの参考書を使ってTOEICの勉強をした記録を書いています。

 

 

TOEICの勉強は何をすればいいの?

 

 

TOEICの模試参考書には、採点結果を本番と同様にスコア換算できるものがほとんどです。

なので、自分が目標点数にどのくらい足りないのかはわかるのですが、物足りませんでした。

その理由は目標スコアのための、具体的な弱点と克服方法がわからないから!

例えば、語彙力をもっとつければスコアアップするとか、単純に慣れの問題でもっとたくさんの模試を解けば良いのか…。

そこまで弱点を教えてくれるものはないかと考えていました。

TOEICの勉強に大活躍だったツール

 

冒頭で紹介した「TOEIC 至高の模試600問」に取り組み続けていると、解説の中に"円グラフのようなツール"があることを発見しました。

これは、TOEICの全200問を、”能力毎のパターン(英文読解、単語理解等)”に分け、正答率が円グラフの長短で表される仕組みです。

つまり、円グラフの”短い部分”が弱点だと、簡単にわかるような仕組みになっていました。

ちょっと文字だけだとわかりずらいので、イメージはこんな感じです↓

解答一覧で1問1問が上図の円グラフに連動するようパターン分けされてます。

面白いのが、Part分けと、この円グラフのパターンが完全に独立しているということです。

例えば、Part7はすべて単文、複文理解の問題だけでなく、語彙力や文法力に分けられる問題もあるのです。

なので、誤答を見返したら、今の最優先は、英文読解でなく語彙力の強化だった!なんて深堀りができます。

私がまさにこのパターンで、ずっと円グラフの文法・語彙力が短いままでした。

そこで、この「至高の模試600問」以外に、別の参考書を一冊購入しました。こちらです。

これで、弱点の文法・語彙力を個別に強化するという、効率の良い学習計画を立てることができました。

効率的な勉強で大切なのは、何が弱点かしっかり見極めることだと思います。

この円グラフの仕組みはすぐに弱点を見極められて、とてもよかったです。

ちなみに、この仕組みは、公式問題集や他の参考書にはなく、「至高の模試600問」オリジナルのものだと思います。

まとめ

 

本日のまとめです。

  • TOEICの勉強を効率的にするには弱点の深堀りが大切
  • 「至高の模試600問」にはそのために「円グラフツール」がある
  • 弱点を見つけたら個別に強化することができるので効率的

大体の予想スコアだけじゃなくて、さらに踏み込んで自分の弱点を知りたいと考える方に、この円グラフツールはおすすめです。

掲載されているのはこちらの本です。

今後の学習計画に役立てばうれしいです。

最後まで読んでいただきありがとうございました!




-TOEIC, おすすめ教材, 勉強法
-, , , ,

Copyright© 豊かに!サラリーマン , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.