FX

FXチャートを見ると少し先がミエル?をやってみた

更新日:

こんにちは。ユタカニです。

FXを始めて4ヶ月。
なんとかコーヒー豆のお小遣い稼ぎを続けている
素人の私が感じた"チャート"を見ることについて書いてみます。

繰り返しのご紹介ですが
私がFXで安定してトータルでプラスになっているのは
この本のおかげなので、今回もこちらを元にした実体験を書いています!

FXのチャートは予言書!?過去を見て未来が少しわかる

FXを始めて1ヶ月
簡単なネットの知識でチャートを見ていた私ですが
直近の動きしか見ていませんでした。

でも、チャートは
"期間に応じて過去の流れが全てまとまっている万能資料"
だと、井上さんの本で教わった私は、
一度持っていた取引量(ポジション)を全てやめて
TOEICの息抜き休憩の時に、本を読みながら
ひたすらチャートを見ることにしました。

すると、一見ランダムな動きをする通貨レートには
大きな上昇下落の波が繰り返され
しかもその前には同じような兆候があることがわかったのです!

この兆候と同じような動きが少し先の未来で分かれば…
まさに"予言書"ですね笑

そこで、本にもあった活用法として、
●取引せずに、明日のレートは上がるか下がるかを予想する。
ことをしばらく続けました

前回の記事で書いたユーロドルを見つけたのはこの時です。
レート変動はないけれどじわじわ下がるレート
上に行ってもすぐ下がる日足のチャート。
そして、数日下がり続ける…

…結果として、これはトレンドになったので、比較的下がり始めで売りポジションを持てた私は、
●それまでの損を取り返し、利益を得る
ことができました!

チャートは予言書、となんかキャッチーに
書いてしまいましたが、井上さんは
集団心理が働く相場では必ず過去の繰り返しと言って良い現象が起こる
という趣旨のコメントをされていました。
私のこの体験もそれに合うものでした!

FXチャートは出航(ポジション保有)タイミングがわかる

●同じ為替レートでも、取引するかやめるべきかが変わる

最初よくわかりませんでした。
レートは数値なので数値を基準にして
(例えば1ドル100円切ったら売り、100円より高くなったら買い)
取引すれば大丈夫と思ってました。

…でもこれ、どういう状況で100円になったかわかりませんよね…
例えるなら航海で、
なんとなく雲が少なくて晴れてるから船を出す。
と一緒です。

1週間雷雨の後のなんとなく雲が少なくなった晴れ?
1週間快晴のあとの雲が少し出てきた晴れ?

どうでしょうか?
今日という日では同じ天気でも、航海に出るかどうか変わりませんか?

●1週間高値は100円で終値は95円。の後の100円
→また押し戻されるな…

●1週間高値が95円。で100円
→さあ!買おう!

チャートはこうした今の相場が
どんな過去によるものなのかをすぐ教えてくれるのです!
優れものですね。

まとめ~チャート分析がすべての基本~

本日はチャートが予言し、
取引を通知してくれるツールと書いてみました。

これからも私がFXでお小遣いをもらえる
全てのきっかけになったこの本についてご紹介していく予定です。

本日も最後までお読みくださりありがとうございました!




-FX

Copyright© 豊かに!サラリーマン , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.