Part別対策 TOEIC

TOEIC Part6対策やテクニックを紹介!

更新日:

こんにちは。ユタカニです。

TOEICは大きくリスニングとリーディングの2部構成となっています。

本日は、リーディングPart6について説明します。

英文が4つしかなく、問題数もリーディングパート最小のため、少し気が抜けます。

ただ、Part6はPart5とPart7をミックスしたような幅広い問題がでるのが特徴です。

Part5同様、目標スコア毎に分けて対策を用意しましたので、ぜひご覧ください。

※TOEICや各Partの概要についてはこちらにまとめています。併せてぜひご覧ください!

TOEIC Part6 長文穴埋め問題(16問)

 

Part6はTOEIC全体の2割弱の規模となり、

  1. 空欄に当てはまる「用語」を埋める問題
  2. 文脈をつなぐ適切な「1文」を選ぶ問題

の2種類があります。

1.については具体的に以下に分けられます。

品詞(動詞、形容詞等)を選ぶ
時制を選ぶ
文法(定型用法)を選ぶ
2文をつなぐ接続詞を選ぶ
適切な意味の単語を選ぶ

ここまではPart5と同じような問題ですね。

これに先ほどの「2.」が加わります。「1文を入れる」の具体例を紹介します。

問題例:

We need to discuss about this problem.
()  I will look forward to seeing you soon.

質問:

(A)Tell me if I'm disturbing you.

(B)I will arrange the urgent meeting tomorrow

(C)Could you tell me when is the due?

前半文章で「問題について話したい」、後半で「会えるのを楽しみにしている。」と結んでいるので、正解は(B)(緊急会議を明日開催します。)になります。
(実施はもう少し複雑な文章となります。)

このようにPart5の延長と思いきや、

・長文の内容を理解していないと選べない文挿入問題が混在している

ことがPart6の特徴となります。

「文法・語彙の知識」と「文章理解力」の両方を問う、問題数が少ないながら幅広い英語力を求めるPartと言えると思います。

TOEIC Part6対策

 

結論から言います。Part6に個別対策は不要と考えています。

以下が理由です。

対策不要な理由

  • 語彙・文法の知識はPart5対策で十分
  • 文章理解力はPart7対策で十分
  • Part6特有の難問もなく、結果、模試の復習で十分

リーディングパートのスコアのカギを握るのはPart7です。

Part6は、「難敵Part5の学習法」と模試の復習を組み合わせれば、対応できると思います!

つまり、Part6の対策はPart5とPart7の対策で補うってことですか?

avatar

avatar

模試の復習以外にPart6は個別対策を取らないですね。16問しかないPartなので…。TOEIC攻略にはこうしたPart別の「優先順位」も重要な戦略です。

TOEIC Part6テクニック ~600点から700点~

 

リーディングテストの時間は全部で75分。

Part5にかける理想的な時間は10分で、Part7は絶対に50分以上必要ですから、Part6は15分で終わらせるのが理想となります。

問題数が16問ですので、Part5(1問20秒)と比較すると相当楽と思いきや、Part6の選択肢は、文章全体を理解しないと誤答が多くなるため、4つの長文をしっかり読まざるをえず、そうなると時間ギリギリです。

そこで特に、700点台までが目標スコアの場合、以下の制限時間を最優先とし、時間を超えそうなら適当にマークしてどんどん進み、Part7に時間を残すのも有効なテクニックです。

Part6の制限時間

  • 時制、語彙、文法問題であれば1問20秒以内

  • 1文選択問題であれば1問45秒以内

※これを超えるなら適当にマークしてPart7に時間を残す

こんな適当で700点取れるんですか?

avatar

avatar

リーディングパートで大体6~7割取れればいいので、Part5とPart7で正解増やす方がよっぽど簡単です

TOEIC Part6テクニック~800点以上~

 

800~900点以上を狙う方はPart6はできれば8割近い正答率がほしいところです。

イメージとしては、語彙、文法の問題は8割、1文選択問題は全問正解を目指してください。

このためのテクニックは以下です。

 

高スコア者向けテクニック

  1. 質問ジャンルをまず見抜く(時制?語彙?文法?等)
  2. ジャンルに応じて必要な一文(一語)だけ見極め、素早く解答
  3. 一文選択問題なら文の冒頭で概要を把握し、選択肢直前の文と併せて解答

※制限時間は700点取得者向けと同一

特に重要なのは、文章件名や最初の一文を読んで趣旨を大まかに把握し、「1文選択」問題では、前後の文のみ確認して正解を選ぶといった、効率的な解答方法です。

上記赤字のテクニックこそ、時間を浪費することなく正解率を上げるものです。模試を活用して試してみてください。

まとめ~Part6は文章理解力を問われる~

 

本日はリーディングPart6について書いてみました。

Part6はPart5とPart7の内容のミックスになっていて、幅広い質問が出ることが特徴です。

ただし繰り返しですが、16問のために個別対策をするかというと私は不要だと思っています。

英文は、重要情報は「冒頭」に集中しているという特徴を利用し、制限時間を浪費しない。

という、本日紹介したテクニックを活用ください。

最後までお読みいただきありがとうございました!




-Part別対策, TOEIC
-, , ,

Copyright© 豊かに!サラリーマン , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.