Part別対策 TOEIC おすすめ教材 はじめてのTOEIC 勉強法

【TOEIC リーディング対策】 900点を2回取得した私が具体的に解説します

更新日:

こんにちは。ユタカニです。

 

過去の記事で2018年と2022年にTOEIC900点超えしたことをまとめました。

 

2018年当時、3か月かけて作った戦略が2022年にも通用したので、実体験の対策として改めて今回まとめてみました。

 

1. TOEIC 900点取得してリーディング対策が固まった

 

 

私はTOEICを2回受検し、どちらも900点を超えるスコアを達成しました。・・・といっても普段から英語を使うわけではなく、2018年に参考書にあった模試を解いたときは500点台のスコアでした。

 

そこから今回説明する対策で、400点のスコアアップを達成し930点を取得しました。

 

さらに、当時習得した対策だけを1か月再確認して2022年に再受検し、900点を超えることができました。4年たっても900点を取れたのは対策の力が大きいかなと思い順にまとめています。

2. TOEIC リーディング対策その1

リーディングPart5・Part6

Part5は一文もしくは二文程度の穴埋め問題です。一言でこう説明しても、実は問題パターンをいくつかにわけることができます。

 

問題パターンを見極め解答時間を設定すると正答率が上がり、その後の時間管理もしやすくなります。順にパターンを解説していきます。

 

例題その1:コロケーション

 

We need to () a survey to proceed the new products.

(a) make

(b) maintain

(c) conduct

(d) allow

 

 

conduct a survey = 調査を実施する

を知っているか否かで勝負はきまります。

 

タイトルにある「コロケーション」とは、このように特定の語彙同士のつながりで表現されることで、ビジネス現場では結構使われます。

ということはTOEICでも頻出問題ということになります。こうした問題は5秒で答えが出なければ次に進みましょう。

 

 

当日に考えて答えに行き着くのはかなり困難です。ほかにもいくつか個人的によく出ると思ったものを紹介します。

 

competent knowledge = 有能な知識

面接をテーマにしたリスニングでもよく出ます。

ちなみに有能な人材なら、a competent personこれもPart7でよく出てくる表現なので覚えていきましょう。

 

meet greater competition = 激しい競争に応じる

 

in urgent need of = ~を至急必要とする

※参考文献:TOEIC L&Rテスト 至高の模試600問

 

例題その2:接続詞

I will call you, () I have time.

(a) provided that
(b) unless
(c) in spite of
(d) although

 

電話します。+ 時間がある。

という2つの文をまず理解し、かつ選択肢の候補の意味も理解していないと正解にたどり着けません。

 

(a) provided that = ~な限り、~なら(正解)

※時間があれば、電話します。

(b) unless = ~でないなら

(c) in spite of = ~にもかかわらず

(d) although = ~だが

 

例題1と異なり、このケースは知識があっても解答までの時間がかかります。20秒を目標にしましょう。

この接続詞は結構リスニングのスコアアップにも役立ちます。

話の流れをつかむうえで重要な役割をしているからです。

 

他によくでるものをまとめます。

 

Once~ = いったん~

 

Instead of = ~のかわりに

 

Regardless of~ = ~にかかわらず

 

例題3:文挿入問題(Part6)

Part6で一番苦しむパターンではないでしょうか?

 

例題:

Thank you very for attending the last month party, we had a great time with the colleagues.

 

(?)

 

With using this, we will quickly be able to have information.

 

If you have any questions, please click the "questions" button and confirm the QA in this site.

I appreciate your cooperation.

Best regards,

Tony Aren

Sales Director

 

■(?)=

(A) I really enjoyed the final event performed by HR department. 

(B) Today, I am writing to inform you of our new intranet.

(C) From tomorrow, I will be out of office for a week. 

(D) When you have some tough situations, please let me know by Sales team's ML. 

 

 

これは主にPart6で出題される問題です。

 

一文まるまる適切なものを選ぶため、文章全体の理解と、選択肢の文理解が必須です。これにはちょっとしたコツがあります。

 

それは、メールであれ広告であれ、ビジネス文章には”型”があるということです。

 

社会人の方は経験多いと思います。英語でも同じです。

①季節の挨拶や、直近のお礼

②本題の概要(抽象的)

③本題の説明(具体的)

④お礼、結び

英語でもこの①~④が使えます。今回の例題を解体してみましょう。

 

Thank you very for attending the last month party, we had a great time with the colleagues.

 

=先月のパーティへの参加ありがとうございました。同僚と素晴らしい時間を過ごせました。(お礼)

 

 

(?)

 

 

With using this, we will quickly be able to have information.

If you have any questions, please click the "questions" button and confirm the QA in this site.

=これを使うことで、すぐに情報を確認できます。

質問あれば、”質問”ボタンをクリックして、QA(問答集)を確認してください。 (具体的)

 

 

I appreciate your cooperation.

Best regards,

=ご協力に感謝します。どうぞよろしくお願いいたします。(結び)

 

つまり、ここで(?)になりそうな型は「本題概要」となります。この前提で選択肢を選んでいくと、正解にたどり着きやすいです。

 

(?)=

(A) I really enjoyed the final event performed by HR department. 

=× 最後の人事部のイベントは本当に楽しかったです。(挨拶の続きになっていて、具体的な内容につながらない)

 

(B) Today, I am writing to inform you of our new intranet.

=〇 本日、当社の新しいイントラネットについてお知らせします。(本題概要となっていて、次の文にぴったり)

 

(C) From tomorrow, I will be out of office for a week. 

=×明日から1週間ほど不在にします(型を無視してまったく関係ない話題になっている。)

 

(D) When you have some tough situations, please let me know by Sales team's ML. 

=× 難しい状況になったら、営業部のメーリスで私に知らせてください。(関係ない話題で具体的なためつながらない)

 

 

いかがでしょうか?

文挿入問題は、やみくもに問題を解くより上記の型をまず意識し、選択部分がどの役割を果たしているかを意識すると、正解率があがりますよ!

例題その4:時制と比較級

日本人で英語を習う際に、最も苦戦する分野と言われているのがこの2つです。別途対策をまとめています。

 

 

 

3. TOEIC リーディング対策その2

 

リーディングPart7

ここまでご紹介した、例題ごとの時間管理で進め、Part7に到達することには、55分くらいに使えると完答可能性がかなり高まります。

 

この時間でPart7をいかに乗り切るか?ここについても別途まとめております。

 

 

まとめ

 

Part7に55分。そのためにはPart5・6を出題パターンごとに見極めて時間を使っていくのが大事なんですね。

avatar

Part6の文選択で、文章の”型”を理解するやり方は画期的でした!

avatar

avatar

スコア600点台を目指す方であれば、リーディングが始まったらすぐにPart7を55分かけて完答するようにすると、達成する可能性が高まりますよ!

 

これからも例題つきのTOEIC解説をしていく予定です。ぜひご期待ください。

 

最後までお読みいただきありがとうございました!




-Part別対策, TOEIC, おすすめ教材, はじめてのTOEIC, 勉強法
-

Copyright© 豊かに!サラリーマン , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.