TOEIC 勉強法

TOEIC 勉強法 600点の取り方を詳細説明

更新日:

こんにちはユタカニです。

私は、

語学スキルの向上には、ある程度の期間(最低66日)が必要

であると考えています。

 

母国語でない語学を、理解し習得するには、学習習慣をつけ、毎日取り組むことが必須と考えるためです。

 

ちなみに、

なぜ「66日」

については、

良く参考にさせていただく、メンタリストのDaiGoさんの動画を見たからです笑い。

 

私自身の経験でも、
2か月くらいたつと、日々勉強することに抵抗がなくなったので、とても納得の内容でした。

 

参考動画:
メンタリストDaiGoさん

(6:10~から66日の理由を説明されています)

o

 

しかし巷の相談を見ると、

語学習得は分かるけど、とにかくまずは、
短期間で
600点は超えたい!

と考える方は多いようです。

そこで本日は、

最も効率よく最短で600点を超える勉強法

を考えてみようと思います。

 

TOEIC 勉強法は600点の正解数計算から!

 

TOEICスコア換算の特徴

 

まず、目標スコアは600点と決まっているので、

✔TOEICのスコア換算の仕組み

を考えてみましょう。

 

大きな特徴は、

正解数に応じてスコアが加算される

✔Part毎にスコア配分の偏りはない

ということです。

 

特に「Part毎にスコアの大小に偏りがない」という事は、

とにかく正解数を増やせば順当にスコアも増える、という事なのです。

 

これが非常に重要です。

なぜって、

最も問題数が多くて、かつ勉強成果が出やすいPartから優先して取り組む

ことが、短期間のスコアアップにつながりやすい、という事を意味するからです。

 

次に、

スコアが600点を超えるための正解数

を詳しく見てみましょう

 

600点を超えるための正解数

 

 

私が模試の参考書として愛用している、

ヒロ前田さんの参考書に書いてある、「正解数」と「スコア目安」を活用します

 

参考書籍:私が一貫して使用した参考書はこちらです。

 

 

この本によれば、

TOEICで600点を超えるための正解数:

✔リスニング:約57問

✔リーディング:約55問

 ※わかりやすいようにリスニング/リーディングとも、300点超えとなることを前提にしています。

 

いかがでしょうか?

それぞれのパートで、

おおよそ半分より少し多く正解すれば、600点を超えることができます。

 

600点のための重要Partを絞る

 

 

 

でご紹介の通り、

 

TOEICには、

★問題数が多いが、全問正解を十分狙えるPart

が存在します。

 

 

それは以下のPartです。

学習すれば全問正解可能なPart:

リスニング:Part3とPart4

リーディング:Part7

そしてこの3つのPartの問題数合計は…

Part3 会話問題(39問)

Part4 説明文問題(30問)

Part7 読解問題(54問)

合計:124問(全体の62%)

 

もうお分かりですね?

そう、

TOEIC600点を短期間で超えるためには

Part3

Part4

Part7

を短期間で徹底的に勉強する

 

これが今回の私の提案です。

そして仮に

✔Part3/4/7が8割正解で残りが全問不正解でも

 

124問×8割正解=99問は正解になる!

 

600点超えのための目標正解数は約112問ですから、

これらのPartが8割正解なら

✔残りのPartの76問でたった13問正解すれば目標スコア達成

となります。
(マークシートなので、十分達成できそうですよね)

 

 

✔Part3/Part4/Part7で8割正解

というと

かなりハードルが高いように感じますが、

 

実はPart3/4/7は、

正しい勉強法を行えば
高い正解率を出すことが可能

です。

(飲み込みの早い方ですと、毎回ほぼ全問正解~9割正解くらいを安定して出せるようになります)

 

そこで次に、これらのPart共通の特徴と、効果的な勉強法をご紹介していきます。

 

勉強法と600点の取り方

 

 

Part3/4/7の共通点

 

 

Part3とPart4そしてPart7には実は共通点があります。

Part3/4/7の共通点:

✔長い英文を聴いて(読んで)内容についての質問に答える

✔問題と選択肢は印刷されている

これが非常に重要です。

 

なぜならこの

2つの共通の特徴には、共通の対策が効果的

だからです。

 

共通する対策:

✔長い英文に慣れる

✔頻出の単語を暗記して
文脈をつかみやすくする

✔質問と選択肢を読んで
文脈を把握するスキルを磨く

 

 

この3つを徹底的に行えば、

Part3/Part4/Part7に共通して大幅なスコアアップ

を実現する可能性が高いです。

 

それでは次に、

これらのスキルを磨くための勉強法を以下にご紹介します。

 

勉強法1:五感をフルに使う

 

 

 

短期間で集中して勉強し、取得スキルを増やすには、

同じ時間身体の器官を多くつかう

 

ことが重要です。

 

 

✘英文を何となく黙読

✘リスニングをただ聴くだけ

といった勉強では

5感のうち1つしか使われていません

 

私がおすすめしたいのは
複数の五感を使える以下のような学習です。

〇Part7の英文をすべて音読し、内容をメモに書いてみる

〇リスニングを聴きながら英文を書きとる。

いずれも

聞く(耳)
➡声に出す(口/耳)
➡書きとる(手)

と複数の身体の器官を使います。

 

 

こうすると

同じ勉強時間での吸収効率が高まる

ことになるのです。

 

まずは

こうした勉強法ができるように環境を整えてください

勉強法2:3回チャレンジ法は2回目を特に重視

 

 

このブログではおなじみの、

「3回チャレンジ法」

についても、

時間がない場合は、
2回目の模試復習(時間制限なしで全問解くやり方)は、
Part3/4/7に徹底的に取り組んでください。

時間制限なくじっくり取り組むことで、自分の弱点がわかります。

 

3回チャレンジ法で把握できる弱点:

✔英文の文脈を早とちりして間違えている

✔英文内の文法が理解できていない

✔単純に単語がわからない

こうした1人1人の弱点が、時間の制約をあえて外すこと、とてもはっきりと出てくるのです!

 

イメージできる対策:

✔早とちりするなら、冒頭の文脈理解に少し時間をかけよう

✔文法がわからないなら、解説と辞書を引いて勉強しよう

✔単語がわからないなら、単語本にもっと取り組もう

 

自分オリジナルの弱点(?)に対する対策なら、

効果は2倍どころか2乗3乗と「相乗」効果があります。

結果として、

短期間で大きなスキル向上が見込めることになります。

 

関連記事:3回チャレンジ法について、ぜひこちらをご覧ください!

本当に衝撃を受けたやり方があった。TOEIC3回チャレンジ法とは?

 

勉強法3:厳選された単語を徹底暗記

 

 

1人1人の対策について説明しましたが、私の経験上、600点を超えない方の多くは、

複数の単語が理解できず、結果として英文全体の文脈を理解できない

ことがあります。

 

そこで陥りやすいのが、

辞書をかたっぱしから調べて単語をメモする

大学受験等で活用した英単語本を使用する

ということです…

最終的に英語力をつけることがありますが、

今回の主目的は、TOEICのスコアアップに最も効果的な学習法を探すでしたね。

 

そのために、単語学習はどのようにすればよいでしょうか?

…そうです。

✔TOEICに頻出している単語だけをひたすら暗記する

これこそ最も効果があります。

 

こうした市販の本はたくさんありますが、

私が断然一押しな単語本はコチラです

 

 

 

著書のTEX加藤さんは、

毎月実施のTOEIC試験をほぼすべて受験

しかもスコアは毎回満点(990点)!

 

という驚異的な実績をお持ちですが、

 

毎回のTOEIC受験後に近隣のカフェで、出題された単語を全てメモし、データを集約し、その後、多く出題される単語のみ厳選し書籍化

したのがこの本です。

 

オーバーな言い方かもしれませんが

そんな秘伝中の秘伝書をこの値段で販売していいの??

と思うほどです。

 

私の経験でも、この本にある単語はPart3/4/7では実際に何個か出題された

ため、文脈理解に大いに役立ちました。

 

この本にある単語だけをひたすら復習すれば、単語がわからず文脈が理解できない可能性は大幅に減少します。

 

 

 

まとめ~勉強法の工夫もTOEICの醍醐味です~

 

 

今日は

✔TOEIC短期間で600点を超えるための知識と学習法

についてご紹介しました。

 

まず、スコア換算の仕組みを理解して、

✔効率的にスコアアップするためPartを絞り、

✔絞ったPart対策を自分で生み出す

という事が重要です。

 

TOEICの勉強法を紹介する書籍やサイトは、たくさんありますが、

一番のTOEICの醍醐味は…

自分の勉強法を自分で編み出す喜び

だと思います。

 

ぜひ本ブログを参考いただき、オリジナルの勉強法を生み出してみてください。

 

本日も最後までお読みいただきありがとうございます!




-TOEIC, 勉強法

Copyright© 豊かに!サラリーマン , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.