TOEIC おすすめ教材 勉強法

【TOEIC 700点】おすすめ参考書・勉強法・勉強時間と最短テクニックも紹介!

投稿日:

こんにちは。ユタカニです。

TOEICに取り組む方から、
最終的に700点取りたい!という声をよく聞きます。

色々調べると、700点はメリットが大きいことも分かりました。

そこで本日はTOEIC 700点の、

スコア目安・おすすめ参考書・勉強法と勉強時間・テクニックのすべて紹介します!

700点達成のための参考書とかすごいたくさんありますよね。

avatar

avatar

どれに手をつけて良いか悩むと思うので、おすすめ参考書と勉強法・テクニックもあわせて紹介しますね。

TOEIC 700点のスコア目安

まず、TOEIC700点はどのくらいの英語力か確認しましょう。

TOEIC公式サイトの情報をもとに、簡単な表にしてみました。

スコア 英語能力のイメージ
10~300
  • 日本でも有名な単語は分かる(DogとかPen)
  • 会話・店の注文は難しい
300~500
  • お店で注文がどうにかできる
  • 自己紹介は簡単に言える
500~700
  • 店の注文は比較的スムーズ
  • Eメールや簡単な資料が読める
700~800
  • 注文や電話対応ができ、海外生活できる
  • Eメール返信や簡単な資料作りができ、英語でなんとか仕事ができる
800~950
  • 日常のやりとりに苦労せず、海外移住できる
  • Eメールや資料作りがスムーズで、英語で問題なく仕事できる
950~990
  • 日常生活や職場で、現地人と勘違いされる(帰国子女レベル)
  • 通訳ができる

※TOEICのスコアは最低点:10、最高点:990。(参考:TOEIC公式サイト

なるほど!700点超えると海外生活や英語を使った仕事ができそうですね。

avatar

avatar

求人情報や就活サイトを見ても、「700点以上」が有利なケースが多いようです。TOEIC700点はキャリアップに直結する可能性が高いですね。

おすすめ参考書・勉強法・勉強時間を紹介

おすすめ参考書を解説

まず、公式問題集は外せません。

 

この他の市販の参考書ですが、
私自身が930点を取った時には、この1冊しか買っていません。

※2020年4月追記:待望の新版が発売されました!

TOEICカリスマ講師のヒロ前田さんによる、”講義形式”での解説がリアルで分かりやすく、パワーアップした内容になっています。

何故ここまで絞ったかというとこの本では、

  • おなじ模試を繰り返し復習する革新的な勉強法

が紹介されていたからです。

この勉強法の詳細と、どのくらいの勉強時間で700点が取れるか次に解説します。

おすすめ勉強法の詳細を解説

先ほどの勉強法は、「3回チャレンジ法」と呼ばれていて、

  • 同じ模試をやり方を変えて、3回復習する

と説明されています。3回の復習方法の内訳はこんな感じです。

3回チャレンジ法:

復習回数 内容 目的
1回目 120分の制限時間で取り組む 現段階の実力を知る
2回目 制限時間無し、リスニングは何回聴いてもOK 制限時間に影響されない「真の英語力」を知る
※2回目の後~3回目まで(1~2週間)に、個別対策に取り組む
3回目 120分の制限時間で取り組む 「英語力」と「TOEICの解答力」がどれだけ伸びたか最終確認

1回ずつ多くの模試をやるより、同じ参考書を3回ずつ復習したんですね

avatar

avatar

公式問題集2冊とこの参考書1冊で実施したので、

トータル:200問×3回分の模試×3回復習×3冊=5,400問分取り組んだことになります。

参考書を9冊買うより費用対効果が大きいので良い勉強法です。

注目なのは2回目です。制限時間無し・リスニングを何回聴いてもOK??

やる意味あるのかと半信半疑で取り組んだのですが、なんと、

制限時間の有りなしではスコアがあまり変わらないのです。

制限時間を気にする前に実力をつけなければならないことがよくわかりました。

結果的にこの方法で930点取得できたので、大きな効果があると思います。

700点達成のための勉強時間はどのくらい?

ここまで紹介した勉強法で勉強時間を振り返ると、

  • 制限時間有りで模試復習×6回復習=12時間
  • 制限時間無しで復習:30時間
  • その他Part毎の復習:20時間

=計62時間

くらいやりました。ただし勉強スケジュールは、

  • 制限時間無しの復習・Part毎の復習:平日30分を毎日
  • 2時間の模試:休みの日に2時間

と割り振ったので、結果的に3ヶ月くらい勉強を継続しました。

 

700点達成の最短テクニック

1.まず、TOEICのスコアの仕組みを理解する

TOEICで700点取るために、まずTOEICのスコアの仕組みを確認しましょう。

TOEICは7つのPartがありますが、各Part毎の配点がありません。
つまり、スコアは正解数だけで決まります。

ということは、問題数の多いPartの正解率が高ければスコアは効率的に上がっていくのです。

Part 内容 問題数(全体割合)
1 写真描写問題 6問(3%)
2 応答問題 25問(12.5%)
3 会話問題 39問(19.5%)
4 説明文問題 30問(15%)
5 短文穴埋め問題 30問(15%)
6 長文穴埋め問題 16問(8%)
7 読解問題 54問(27%)

2.仕組みを利用した700点達成のテクニック

問題数を見るとPart毎の問題数の偏りが大きいですね。

avatar

avatar

それが重要な点です。Part3・4・7だけで全体の6割を超えます。てことはこの3Partだけ優先して勉強すると短期間で700点が近づきます。

私はなんとか900点台を1発で取りたいと思い全Part復習しましたが、正直700点取るなら、

  • リスニング:Part3・4をひたすら聴く

  • リーディング:Part7だけひたすらやる

これを1ヶ月くらい続ければ、スコアは700点にぐっと近づくと思います。

このようにTOEICの”いびつな”問題構成を逆手にとると早く700点達成にたどり着けると思います。

最後に

本日のまとめ

  • TOEIC700点はキャリアアップに直結しメリットが大きい
  • 少ない参考書を3回復習して効率的に勉強する
  • やみくもにすべてのPartを勉強せず、Part3・4・7に絞る

700点という明確なスコア目標があるのであれば、有効な戦略をしっかり立てたほうが近道です。

本日紹介した内容を参考にしていただけると嬉しいです。

最後までお読みいただきありがとうございました!




-TOEIC, おすすめ教材, 勉強法

Copyright© 豊かに!サラリーマン , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.