TOEIC おすすめ教材

【TOEIC 参考書】おすすめしたいのはこの2冊

更新日:

こんにちは。ユタカニです。

私は2018年5月のTOEICにて930点を取得しました。

留学、海外転勤経験は全くなく
仕事でも、ほぼ日本語のみを使うサラリーマンです。

そんな私が仕事に全力投球しつつ(残業も頑張る!)
初回模試500点台からスコアアップした方法を
書いていこうと思います。

TOEICは参考書が一番大事!

私含めお仕事されつつ何か勉強される方にとって苦しいことは何でしょうか?

●時間がない
●年齢による記憶力低下

私個人としてはいずれもNOです。
私が思う、勉強を辞めてしまう1番の要因は、

●面白くない

勉強が面白くないと
そもそも本能的に避けますよね。はっきり言って苦痛だと思います。

✖:勉強=面白くない
◎:面白くない教材=面白くない

面白く感じる勉強は面白い教材選びから始まると言って過言でないと思います。

でも面白い教材、とはなんでしょうか?色々な考えがあると思いますが、私はこう思ってます。

●面白い教材=勉強するたびに達成感を実感でき、かつ失敗したところは丁寧にフォローしてくれる。

私もTOEICを受けるにあたって、書店やネットでいろんなTOEIC教材を見ました。

●問題数が多いことを謳いお値打ちをアピール。
●英語研究者の方が発行している。
●すぐにスコアアップすることを謳う

色々ありますよね…
でも、私が思う面白い教材を出している方にはいくつか共通点があることがわかりました。

 

TOEIC参考書のおすすめのポイント

●著者が過去TOEIC試験を多く受験しているか?
●著者が今現在もTOEICを受け続け、かつ高スコアを出しているか?
●問題部分と解説部分が同じ"厚み"か?

TOEICは実践的な試験であり、問題内容も都度見直しが行われています

となると、
TOEICをずっと受け続けて最新の状態を熟知した方の教材は最も信頼できると思います。

この視点で私がTOEICの本でおすすめしたいのは2冊です。

どちらも教材最後の著者紹介欄で
TOEICの経験実績がきちんと書いてあります。

また、解説は問題と同じではなく、
解説の方が分厚いです。

さらに!
●著者ご自身の受験から学んだ経験
●著者が進める勉強方(このブログでも紹介している三回チャレンジ法)
まで網羅されています!至れり尽くせり!

これ以外にもぜひ自分に合った本を見つけて使い込んでください!

本日も最後までお読みいただき本当にありがとうございます。

 




-TOEIC, おすすめ教材

Copyright© 豊かに!サラリーマン , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.