TOEIC 試験直前対策

TOEIC試験当日にスコアアップできるテクニックを紹介

更新日:

こんにちは。ユタカニです。

TOEICの勉強に取り組む毎日の集大成である試験当日。

  • 当日は時間までゆっくり過ごそう

なんて考えていませんか?実は、試験当日のちょっとしたテクニックでスコアアップすることができるんです。

本日は、TOEIC試験当日にできるスコアアップ方法について、体験談を書いていこうと思います。

そんな直前から新しいことやっても意味ない気がしますけど…?

avatar

avatar

はい、新しいことはしません。本当に”ちょっとした”ことなんです。詳しく紹介しますね。

TOEIC試験当日に一番気をつけること

TOEICを受けるとき、当たり前のようで意外に見落としがちなことがあります。

  • 午後1時から3時で実施。集合は12:30頃

??。すいません。赤字にされてもピンとこないです。

avatar

avatar

では次に、具体的な質問をしますね。

午前中どのように過ごすかはしっかり決めていますか?

午前中の過ごし方例

  1. ギリギリまで家で勉強し、会場へはぴったりに着く
  2. 会場近くまで早く行って時間を潰し、会場へはゆっくり行く
  3. とにかく早く会場に行って準備する

ええと、遅刻は嫌なので「3.」ですかね?

avatar

avatar

なるほど、では何時に家を出ますか?試験会場でどのくらい過ごしますか?何をしますか?

…。いや、まあ、その時の流れで。

avatar

avatar

なるほど。ではもう1つ、「昼食」はどうしますか?

当日の昼食

  1. 朝ごはんをたっぷり食べて昼食は抜く
  2. 会場近くで外食
  3. 途中で買って試験会場に持ち込む

ええと、これも「3.」かな?でも飲食可能な場所ってどこだろう?そもそも近くにコンビニあったっけ?

avatar

avatar

う~ん。このまま試験当日になっていたら余計なストレスをため込むところでしたね~

どれが正しいということではありません。

当日一番気をつけること。

それは、色々な過ごし方があることを事前に意識し、当日慌てないようにすることです!

話がそれますが、プロ野球のイチロー選手は、試合のある日は全く同じ行動をしてたそうです。

遠征先でも決して変えないほどの徹底ぶりだったとか。

理由はシンプルで、「ストレスをためないため」なんだそうです。

 

  • 試験会場までの道がわからなくて時間がかかった
  • お昼を食べようと思ったら、近くにお店が全然なかった
  • 早くに試験会場についたけど休憩スペースがなかった

これらはすべてストレスとなり、パフォーマンスを大きく下げる天敵です。

当日の予定はしっかり立てておきましょう!

普段の勉強法に意識が集中して、そこまで試験当日のことは考えてなかったです。

avatar

avatar

TOEICも試験である以上、「1発勝負」ですから、当日の予定には十分注意が必要です。

試験当日にスコアアップするテクニック

さて、今回のテーマは「試験当日のスコアアップ法」なので、私個人のおすすめを前提として進めます。

なので、ご自身の予定と比べて難しそうなら、最低限どのように過ごすかをしっかり決めて当日を迎えてくださいね!

午前中はココで過ごすのがおすすめ

 

会場は初めて行く場所なので、事前に最寄のファミレスを調べ、10時台に行って早めの昼食を食べることにしました。

avatar

先ほど紹介したパターンでいう、「2.」ですね。

「早めに近くのファミレスに行く」=「遅刻するかも、昼食はどうしよう?というストレスを一気に解消」、ですね。

さらに、ファミレスは普段行くところと違う、「ちょっと価格が贅沢な」チェーンにし、メニューもお高めの好物にしました。

「普段行かないお高めのファミレス」=「試験当日楽しみを作ってストレスをためない」、ですね。

なんか試験にかこつけて楽しんでません?

avatar

avatar

試験だからこそ、です。普段の勉強の「ご褒美」を当日に持ってくればそれだけストレスが減り、パフォーマンスが高まります。

やったことはこれ!

家から出てファミレスから試験会場までずっとやっていたこと。

それは、今まで勉強したTOEIC本のリスニングをずっと聴いているというものです。

一見簡単そうですが、文字通り「ずっと」です。

  • 電車、バスの中
  • ファミレスで注文するとき以外
  • 試験会場到で開始アナウンスあるまで

    ずっとずっと聴いています。

    考え方としては、午前中なるべく日本語を聴かないぞ!くらい極端です。

全部やってみて感じた驚きの効果とは?

会場についた直後から「今日の試験はいけるぞ」と思いました。こんな効果が出ていたからです。

テクニックの効果

  • 午前中ストレスなく過ごせたので、緊張よりワクワク感が大きかった
  • ずっと英語を聴いていたので、リスニング1問目からがすんなり頭に入った
  • リスニング後にそれほど疲れを感じずリーディングに進めた

後で知ったのですが、このテクニックは脳科学的に言うと、「英語脳への切替」に効果的だったようです。

通常、私たちは朝起きた時から、自然と日本語に注目するようインプットされてるそうです。

が、午前中英語をずっと聴くことで、脳に「今日は英語に注目しよう」と刺激させたようなのです。

結果として、試験中に上記のような効果を実感できました。

なるほど。1.当日ストレスをためない予定づくり2.新しいことはやらずリスニングに集中して取り組む、2点ですね。

avatar

avatar

そうです。ちなみにリーディングを当日復習するのもおすすめしません。リスニングほど即効性がないからです。

最後に

本日のまとめ

  • TOEIC試験当日のスケジュールは、自分の好みに合わせしっかりシミュレーションしておく
  • 朝から試験時間までの間"英語脳"に切り替えるため、今まで使ったリスニング問題を活用する

1発勝負の試験ですから、当日最高のパフォーマンスを出すためのテクニックは必要なんですね。

avatar

avatar

私、緊張すると手汗がすごいので、どなたか手汗を抑えるテクニックをご存知でしょうか…?

本日も最後までお読みくださり、ありがとうございます!

 




-TOEIC, 試験直前対策

Copyright© 豊かに!サラリーマン , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.